旧ヘッドバンク

移転しました。おすすめイヤホンのレビューブログ


新着記事(新サイトへジャンプ)

ヘッドバンクは移転しました。

新ページはこちら

お手数ですが再度ブックマークお願いします

m(_ _)m

【レビュー】KOSS SP540試聴。低音と装着感が魅力!

スポンサーリンク

f:id:furihaku:20150420020957j:plain

2万円前後のポータブルヘッドホンを探すために色々と試聴中です。

今回はKOSS「SP540」を聴いてきました!

一言で表現すると「装着感の良い、低音ヘッドホン」って感じでした。

 

【試聴機材】

Astell&Kern AK120

【試聴曲】

絢香 - にじいろ(NHKマッサン主題歌)

【試聴場所】

eイヤホン 秋葉原店

 

KOSS「SP540」レビュー

本体の質感

本体は全体的にプラスチッキー。高級感はあまり無いですが、デザインとあいまって、独特の存在感があります。ケーブルは着脱式で太すぎず細すぎずといった具合です。取り回しは良いと思います。

装着感

ずれにくく、良い装着感です。耳がすっぽり覆われまずが、側圧もそれほど強くなく、イヤーパッドの感触も良いので違和感がありません。ただ熱がこもりそうなので夏は暑そうです。

音質

モニターライク、分離性能などという言葉とは真逆の音ですね。元気な中低音がまとまって飛び込んできます。楽器をバラして聴くよりは、ノリを楽しむヘッドホンと言えそうです。ロックやダンスミュージックと相性が良さそうですね。

絢香「にじいろ」を聴いてみると思わず「絢香、太った?」と言いたくなりました笑。絢香の声が野太くパワフルになっています。音の解像度は高くないので、細かい音を楽しむことはできませんでしたね。でも、とにかくKOSSらしい元気な低音のヘッドホンという印象でした。

総評

いやー、濃いキャラクターのヘッドホンですね。はっきりいえば「音質が良い」とは決して言い難い機種ですが、魅力のある音だと思います。ハマる人はハマるかもしれません。ただ左右の分離性能が高い音に慣れてしまっている人には、つらいヘッドホンですね。でも、低音重視の人には決して悪くない機種だと思いました。

 

© 2015 ヘッドバンク, ALL RIGHTS RESERVED.
株式会社HEDGEHOG STUDIO ヘッドバンク事業部
サイトポリシー