旧ヘッドバンク

移転しました。おすすめイヤホンのレビューブログ


新着記事(新サイトへジャンプ)

ヘッドバンクは移転しました。

新ページはこちら

お手数ですが再度ブックマークお願いします

m(_ _)m

【これもあるんだ!】Apple Musicにある「おすすめ邦楽」4選

スポンサーリンク

f:id:furihaku:20150716150054j:plain

ども!ヘッドバンクのすぎやまです!

Apple Musicを検索しては聴き漁る日々を送っております。(HA-2最高!)

 

邦楽の品揃えが悪いと言われるApple Musicですが、インディー系の楽曲は意外とあったりします。

今回はワタクシが検索して「あ、この曲あるんだ!」と驚いたオススメ邦楽を紹介します。

 

最高の疾走感!Coaltar of the DEEPERS - 「C/O/T/D」

COME OVER TO THE DEEPEND

COME OVER TO THE DEEPEND

 

まずはディーパーズの代表曲「C/O/T/D」を紹介。

この曲は、のっけからギターとドラムの疾走感にやられること間違いなし!

カッチリした演奏と、フワフワとしたボーカルの対比がより気分を高揚させてくれます!演奏激ウマ!

テンションをあげたい時に聴きたい一曲!

 

Apple MusicでC.O.T.Dを聴く

 

音が美しい!PLASTIC GIRL IN CLOSET - 「NEW VIEW」

eye cue rew see

eye cue rew see

 

続いてはPLASTIC GIRL IN CLOSETの最新アルバムから「NEW VIEW」を紹介。

イントロからフィードバックギターから胸の高鳴りが止まらない1曲。

メロディーは聴きやすく美しいので、思わず口ずさみたくなるはず。女性ボーカルの透明感のある声も素敵ですね。

シューゲ入門にもオススメの1曲。

アルバムも最高なので、曲が気に入ったらアルバムも聴いてみて!

 

Apple MusicでNEW VIEWを聴く

 

究極のオルタナ!VELTPUNCH - Cheap Disco"13Steps"

GOLD ALBUM 1997-2012

GOLD ALBUM 1997-2012

 

名曲が多いベルパンもApple Musicで発見。

今回は一番好きな「Cheap Disco"13Steps"」を紹介。

この曲、聴き始めると「これってパンクバンド?」と思うようなラウドな展開から始まります。(叫んでいるのはドラムの人です笑)

それが30秒で「はい!もうそこまで自慰はたくさん」と切り捨てられて、本チャンの曲が始まるのです。

「ラウドロックなんて、ただの自慰だろ?」というバンドの考えが見えるようでとても面白い曲構成です。

本チャンでは、うってかわってメロウな曲展開に。サビのメロディーが美しすぎる。

歌詞の世界観は村上春樹の「ダンス・ダンス・ダンス」から影響を受けているのかな?「諦めと叫び」という相反する感情のオルタナ感は、日本のバンドならではの表現!最高!

 

Apple MusicでCheap Disco“13Steps”を聴く

 

メロディーが切ない!uinona - 「夢の果てまでも」

Cue

Cue

 

最後はギターポップ(死語?)男女2組みユニットのuinonaから「夢の果てまでも」を紹介。

作曲者はニコニコで「夢見るP」としても活動されています。

「夢の果てまでも」も初出はニコニコ動画の初音ミクだったようですね。(ミクの方はマイブラをより意識したアレンジになっています)

この曲は、はっきり言って「ズルい」。イントロから名曲であることがすぐに分かります。スローテンポのバラードですが、メロディーラインに泣きが入りすぎている。感情をこめずに淡々と歌う透明感のある女性ボーカルが、美しいメロディーをさらに印象深いものにしています。

いやー切ないね。

 

Apple Musicで夢の果てまでもを聴く

 

途中で気づいた方もいるかもしれませんが、今回紹介したのは全て「男女ボーカル」のバンドやユニットです。

書いてるワタクシも途中で気づきました笑

これからも男女ボーカルフェチとして音楽を探索していきます〜!

 

おすすめの邦楽男女ボーカルのバンドなどあったら教えてください!(有名どころは抑えてしまっているのでマイナーなのお願いします!)

 

Best of Tornado

Best of Tornado

 
HIGHVISION

HIGHVISION

 
© 2015 ヘッドバンク, ALL RIGHTS RESERVED.
株式会社HEDGEHOG STUDIO ヘッドバンク事業部
サイトポリシー