読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旧ヘッドバンク

移転しました。おすすめイヤホンのレビューブログ


新着記事(新サイトへジャンプ)

ヘッドバンクは移転しました。

新ページはこちら

お手数ですが再度ブックマークお願いします

m(_ _)m

【レビュー】気になるイヤホンやDAPをざっと試聴したよ

スポンサーリンク

f:id:furihaku:20150726225629j:plain

ども!最近、フラットな音を求めていたら、コンプライ系のイヤーピースの音を受け付けなくなったすぎやまです。

今回は気になった機種をざっと試聴してきたので、機種ごとに簡単に感想を紹介したいと思います。

 

FiiO X5 2nd&FiiO X3 2ndの比較

 

X5 2ndとX3 2ndが並んでたので、ちょっと音質比較。

当然だけど音質はX5 2ndの圧勝ですね。音の奥行きと明瞭さが全く違う。というかX3 2ndは単独プレーヤーとしては音質厳しいかなぁ。X3 2ndを使うならアンプ前提だね。

PAW5000もあったんで比べたけど、音質的にはPAW5000が一番しっくりきた。でもPAW5000は出力がちょっと弱い気がするから、ヘッドホンをメインで使うならX5 2ndの方を買うかなと思う。

 

FIDUE「A73」

Fidue A73

価格:14,980円
(2015/7/26 23:12時点)

FIDUEのハイブリッドイヤホンA73。ハイブリッドにしては安いなぁという機種。音はドンシャリ気味だけど、シンバルなどの高音の鳴りが不自然なのが不満だった。これなら前に紹介したVSD3Sの方が安いし良いかなぁと思ってしまう。

 

Atomic Floyd「SuperDarts」

今日のeイヤではAtomic FloydとIE800の聴き比べをやってたので、せっかくだと思い参加。「IE800にケンカ売るなんて度胸すごいですね」というと、担当の方は苦笑い。「SuperDartsはIE800の価格半分ですし、ハイブリッドなので。」と謎の返答をもらう。自信があるわけじゃないのだな。自信あるなら近い価格やドライバー構成の機種と比較するもんね。

 

ということでまずはSuperDarts Titaniumから試聴。最初にイヤーピースとしてコンプライがついていたのでそれで聴いたところ、低音でるけど高音が死にまくりだったので、シリコンラバーにチェンジしてもらった。

コンプライはBA1発のイヤホンで低音足りない時に使うのはいいけど、こういうハイブリッド機種につけるのはどうなんだろうね?音が崩壊するだけだと思うんだけどなぁ。

 

シリコンラバーに変えると音のバランスが良くなった印象。それでも、やや中低音に寄った音づくりになっている。ジャズなどの音楽に合ったチューニングになっているらしい。パワーは感じるけれど、音場がギュッと狭く、高音に伸びが足りない。このあたりはIE800の方に軍配が上がるかな。

 

ノーマルのSuperDartsはロック向きだというので、そちらも合わせて試聴。Titaniumとの違いはチューニングのみで、ドライバーなどは全く同じものとのこと。ノーマルの方があっさりとフラットな音で、聴きやすく良い音に感じた。そういう意味ではTitaniumの方が玄人が好みそうなサウンドなのかも。

デザインもマイクみたいで可愛らしいので、見た目が気に入った人は音を聴いてみても損はないはず。

 

聴くほど、なぜIE800と戦おうと思ったのか、意図は分からなかったなぁ。

 

ということで、帰りにイヤーピースをバラで買ったんだけど、間違って小さいサイズを買ってしまって全く使えなかったよ。クソぉ〜〜!

© 2015 ヘッドバンク, ALL RIGHTS RESERVED.
株式会社HEDGEHOG STUDIO ヘッドバンク事業部
サイトポリシー