読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旧ヘッドバンク

移転しました。おすすめイヤホンのレビューブログ


新着記事(新サイトへジャンプ)

ヘッドバンクは移転しました。

新ページはこちら

お手数ですが再度ブックマークお願いします

m(_ _)m

【レビュー】J-phonic k2 m2の音質は?ずっと聴いていたい心地よい音

スポンサーリンク

f:id:furihaku:20150815191504j:plain

ども!すぎやまです。

今回はJ-phonicさんからお借りしている「k2」「m2」のレビューをしたいと思います。

お借りしてからは、こちらのイヤホンばかり使っていたんですが、実に耳馴染みの良い音です。すっかり気に入ってしまいました!

 

J-phonicとはなんぞや?という方は紹介編の記事をご覧下さい。

【紹介編】J-phonic「k2」「m2」っていうイヤホン知ってる? - ヘッドバンク 〜ヘッドホン・イヤホンの最新情報〜

 

ということで早速レビューしていきまっす!

 

J-phonic「k2」「m2」レビュー

質感と装着感

k2もm2も見た目やサイズは同じです。小ぶりのハウジングにツイストのケーブル。

ハウジングだけを見ると高級なイヤホンには見えませんが、ケーブルがしっかりしているので、イヤホンとしての存在感はあります。

 

f:id:furihaku:20150826170617j:plain

マーブルチョコのような愛らしい見た目。

 

f:id:furihaku:20150826170656j:plain

ハウジングは、とてもスリムです。

 

f:id:furihaku:20150826170740j:plain

L Rのケーブルが交わった先はツイストケーブルになっています。

 

肝心の装着感ですが、さすが日本人1200人の耳型を研究したというだけあって、最高のつけ心地です。ここまでピッタリとフィットして、つけてる感じがないイヤホンをワタクシは知りません。

 

日本人の85%にフィットする形とのことで、ワタクシの耳型は多数派なのだと実感しました。この装着感だけでも、充分にオススメできますね。本当にすごい。

 

SE535と音質を比較

k2とm2は似た音質をしているので、その違いは後で紹介します。ここではまず、 k2とSHUREのSE535の比較から、k2の音質の特徴をご紹介します。

k2はコンプライチップが標準のため、SE535もウレタンチップという環境で比較しています。(ケーブルは標準ケーブルです。)

 

k2は、SE535と比較すると音場がかなり広いです。特に左右方向に広いですね。それにともなってボーカルはやや遠く感じます。ただSE535は普通のイヤホンよりも音場が狭く、ボーカルが近いイヤホンなので参考程度と思って下さい。

とはいえ、k2を聴いた後にSE535を聴くと、あまりにもアタマの中で音が鳴っている感じがしてしまってやや苦痛ですね。それだけk2は開放的な音をしています。

 

音の解像感は互角の勝負といったところでしょうか。低音はSE535はさすがに量感があり、深くまで音が出ています。k2の低音は、必要最低限という印象です。しかし、高音のキレイさや伸びでは、k2の方が質が高いです。

総合的に見ると、低音が強めでやや荒々しい音のSE535に対して、k2は高音がキレイに聴こえ、柔らかく優しい音だと言えます。音にパワーがあるのがSE535ですが、すっきりクリアに聴こえるのはk2の方ですね。

 

ということで、ハードロックやメタルではSE535の方に軍配が上がりますが、その他の音楽はk2で聴くほうが好ましいように思います。

何よりk2は装着感も音も耳に優しいので、ずっと聴き続けていられます。SE535だと、アルバム1枚を聴き終える前に外したくなることが多いのですが、 k2は「気づいたらアルバムが終わってた」ということが何回もありましたね。

まさに長時間の使用にはピッタリのイヤホンだと思います。

 

「k2」と「m2」の違い

ステージでの使用が意識されたm2は、k2に比べると音量が取りやすくなっています。体感としては、SE535と同じレベルで音量を取れるのがm2ですね。k2は少し能率が低いようです。とはいえ、iPhoneでも問題なく音量が取れるレベルなのでご心配なく。

 

k2とm2、音質の傾向はほぼ一緒です。あえて違いを言うなら、m2の方が少し中域の押し出しが強く、輪郭の立った音になっています。その分、音のキレもm2の方がやや良いです。

ステージで使うとなると、確かにm2の方がより使いやすそうだと思います。しかし、リスニングでの使用ということであれば、m2の方で問題ないだろうと感じました。

 

総評

「日本にはまだまだ素晴らしいイヤホンがあるのだな。」と改めて思い知らされました。いやー、良いイヤホンなので別れが悲しいですね。J-phonicのk2とm2は、特に長時間イヤホンを使う方に、ぜひ一度ためして頂きたいと思います。

 

「スッキリ、伸びやか、優しい、フラット」この辺りのワードが気になる方にはオススメのイヤホンです!

 

 

© 2015 ヘッドバンク, ALL RIGHTS RESERVED.
株式会社HEDGEHOG STUDIO ヘッドバンク事業部
サイトポリシー