旧ヘッドバンク

移転しました。おすすめイヤホンのレビューブログ


新着記事(新サイトへジャンプ)

ヘッドバンクは移転しました。

新ページはこちら

お手数ですが再度ブックマークお願いします

m(_ _)m

【不定期連載】すぎやまのラーメン聴こう【第2回】

スポンサーリンク

f:id:furihaku:20150828154200j:plain

ある朝、すぎやまが何か気がかりな夢から目をさますと、自分が寝床の中で一匹の巨大な虫に変わっているのを発見した。

すぎやまは鎧のように堅い背を下にして、あおむけに横たわっていた。頭をすこし持ちあげると、アーチのようにふくらんだ腹が見える。

 

すぎやまはすぐに思った。

 

「イヤホンがつけられない!」

 

手足は何やら気色の悪い色をしていて、とてもイヤホンをつかめそうにない。第一、自分の「耳」が一体どこにあるのか見当もつかなかった。

 

震える心を落ち着けるため、寝床を出て洗面所へ向かうことにした。

慣れない身体にやっとの思いで洗面所までつくと、鏡に写った自分の姿に愕然とした。

 

 

 

 

f:id:furihaku:20150828155948j:plain

 

「なんてこった!」

 

「アン◯ロイドなんて、i◯honeのパクリ」と煽りすぎた天罰が下ったのだ。

悲しいのでラーメンを食べに行くことにした。

 

いざ「中華そば 椿」へ!

手足が異様に短いので自転車に乗ることはできなかった。

どうしようかと思っていたら、背中に羽があったのでパタパタと飛んでいくことにした。

自宅から飛ぶこと約15分。ラーメン店「中華そば 椿」が見えてきた。

 

f:id:furihaku:20150828154200j:plain

 

店についたのは良いがドアを上手く開けられない。

店の前でモジモジしていると、店員さんが来て開けてくれた。

しかし、すぎドロイドを見るなり閉められてしまった。

 

店の前でオイオイと泣いていると、店の大将が不憫に思ったのか、仕方のない様子で店に入れてくれた。

 

すぎドロイドは店に入るなり、大きな声で

「大将!いつもの!」

と叫んだ。

 

すると大将はうなずいて、「食券を買って下さい。」と静かに言った。

そう、このお店は食券制なのだ。

 

いよいよ、ご対面

待つこと10分。ようやく「いつもの」が着ドーンする。

 

f:id:furihaku:20150828161629j:plain

「つけめん+チャーシュー追加」

 

椿のつけめんは、魚出汁豚骨スープだ。とてもドロっとしている。(ダジャレじゃないよ)

最近は、この「魚+動物」系のラーメンが増えてしまって、ちょっと食傷気味なのだけれど、椿のつけめんはひと味違う。とてもクリーミーでマイルドな味わいなのだ。

とはいえ、ただコッテリしているだけではなく、風味付けに「柚子」が使ってあることで爽やかな後味となっている。

 

f:id:furihaku:20150828162753j:plain

 

椿の美味しさはつけダレだけにあらず。麺も素晴らしい。タピオカが練り込んであるという太麺は、プリプリとした弾力と、ツルツルとした舌触りを持っている。何度でもすすりたくなる、気持ちの良い食感だ。

 

 

f:id:furihaku:20150828162321j:plain

 

さらに見逃せないのが、このチャーシュー。アンデス豚をハーブで煮たというこのチャーシューは、箸で持つとホロホロと崩れてしまうほどの柔らかさ。味もしっかりと染みていて、食べごたえがある。

 

二郎系で慣らされた「豚」ファンにも、ぜひ食べてもらいたい美味さだ。今日は調子に乗って、チャーシューを追加したら、箸で持っているサイズのチャーシューが3枚も入っており、胃が悲鳴を上げた。

 

食べ終わった後には、卓上の魔法びんにスープ割用のスープが置いてあるので、余すことなく楽しむことができるようになっている。

 

つけめん、あるある

ここからはちょっと余談ですが、ワタクシは、割用のスープを間違って水を飲むコップに入れたことがあります。

 

その時はちょっと考えてから

「飲みました。」

 

で、「あぁ〜ここの出汁はこんな感じなんだぁ。」と、さも「出汁の味を知りたくてやりましたよ。わざとですよ。」的な感じに取り繕いましたね。もしも、同じミスをしてしまったら、オススメの解決法です。

 

美味しいラーメン店「中華そば 椿」

ということで、今回お邪魔した「中華そば 椿」さんは、とても濃厚で美味いつけめんを出しています。

コッテリしたつけめんが好きな方にはオススメですよ!

中華そば 椿 - 王子/ラーメン [食べログ]

 

エピローグ;家に帰ると

虫になってしまったすぎやまは、ラーメンを食べて終えて家に帰ってみると、手紙を発見した。手紙は「城」からのものだった。

「すぎやまを雇うことにするので来い」と書いてある。

さて、すぎやまは無事に城まで辿り着けるのか。というのはまた別のお話。

(※この話のラーメンの感想以外の部分はフィクションです。)

 

 

変身 (新潮文庫)

変身 (新潮文庫)

 
城 (新潮文庫)

城 (新潮文庫)

 
広告を非表示にする
© 2015 ヘッドバンク, ALL RIGHTS RESERVED.
株式会社HEDGEHOG STUDIO ヘッドバンク事業部
サイトポリシー