旧ヘッドバンク

移転しました。おすすめイヤホンのレビューブログ


新着記事(新サイトへジャンプ)

ヘッドバンクは移転しました。

新ページはこちら

お手数ですが再度ブックマークお願いします

m(_ _)m

活動を再開するART-SCHOOL、木下理樹は何を叫ぶ?

スポンサーリンク

BOYS DON’T CRY

ども。すぎやまです。

ART-SCHOOLが復活しますね。

 

 

個人的にはうれしい反面、不安な気持ちもあります。

以前の輝きを取り戻せるのか…

でもそんな不安を1番感じているのは木下理樹なのかもしれません。

 

ART-SCHOOLというバンドはワタクシにとって、とても特別なバンドです。

人生を支えられたバンドと言って良いかもしれません。

 

ART-SCHOOLの何がそんなに良いのか?

 

今回は彼らの魅力を少し紹介できたらと思います。

 

これぞART-SCHOOLという1曲

「ロリータ キルズ ミー」という曲を聴いてみてください。

 

 

散文的な歌詞が特徴の「ロリータ キルズ ミー」からは、さまざまな小説の世界を垣間見るような気がします。(この曲は特にボリス・ヴィアンの「うたかたの日々」)

 

故にART-SCHOOLは文学ロックなんて言われるのかもしれません。

 

初期にはその文学性とオルタナティブ性で輝きを放っていたART-SCHOOL。

晩年は見るたびにボロボロになっていく木下理樹が辛かった。

もう限界だよ…と思っていたころに「活動休止」の発表。

 

それまでにも何度もメンバーチェンジを繰り返し、もう結成時のメンバーはフロントマンの木下理樹しか残っていない状態でした。

 

「音楽を通じて自分の全てをさらけ出す」

 

そう言っていた男が初めて立ち止まった瞬間。

 

それから1年あまり、彼は帰ってくるようです。

何を叫ぶのか、何を暴くのか、何を晒すのか。

 

最後まで見届けたいなと思っています。

 

第1期最後のライブのラスト曲。(脱退したのは現ストレイテナーでベースをしている日高)

こちらも彼らの魅力がつまった1曲です。

 

関連記事

【俺とロック 第2回】「ART-SCHOOL」というバンドについて - ヘッドバンク〜おすすめイヤホンのレビューブログ〜

 

LOVE/HATE(初回)

LOVE/HATE(初回)

 
Requiem for Innocence

Requiem for Innocence

 
© 2015 ヘッドバンク, ALL RIGHTS RESERVED.
株式会社HEDGEHOG STUDIO ヘッドバンク事業部
サイトポリシー