読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旧ヘッドバンク

移転しました。おすすめイヤホンのレビューブログ


新着記事(新サイトへジャンプ)

ヘッドバンクは移転しました。

新ページはこちら

お手数ですが再度ブックマークお願いします

m(_ _)m

【テスラに迫る性能?】JVC WOODシリーズ 新作ヘッドホン発表

スポンサーリンク

f:id:furihaku:20151110200343j:plain

どうも。ピンチのすぎやまです。

一昨日あたりから、三戸なつめの「前髪切りすぎた」が頭から離れません。

 

前髪切りすぎた

前髪切りすぎた

  • 三戸 なつめ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

特に「チョキ♪ チョキ♪」の部分がリピートするという「ステージ4の症状」に悩まされています。これは1人でも多く、仲間を増やさねば…。

 

今日はJVCさんからヘッドホンの新作が発表になりましたね。

 

 

発表会にも呼んで頂いていたのですが、都合が悪く行くことができませんでした…。(家入レオさんが来たらしいですね。会いたかった…)

 

JVCのヘッドホンといえば、先日SIGNAがリリースされたばかり。

もう新作かと驚いたんですが、SIGNAと同じ「CLASS-Sシリーズ」の第2弾という形での発売のようです。なんと今回の新作は「WOOD」木ですよ!木!

 

JVCのWOODシリーズといえば、この名作イヤホンシリーズを思い出さずにはいられません。

JVC HA-FX1100 WOODシリーズ カナル型イヤホン リケーブル/ハイレゾ音源対応 ブラックJVC HA-FX850 WOODシリーズ カナル型イヤホン リケーブル/ハイレゾ音源対応 ブラック

 

 

「HA-FX1100」「HA-FX850」といえば、ダイナミック型の名作。

これらのイヤホンが好きな人は、今回のWOODシリーズは心踊るものがあったんじゃないでしょうか?

 

今回発表されたWOODシリーズのヘッドホンは2機種。 

「WOOD 02」(HA-SW02)が直販で約54,000円、上位の「WOOD 01」(HA-SW01)が約75,000円と、決して高すぎる価格ではないのもウレシイところ。発売は12月上旬。

 

このWOODヘッドホンで気になったのは、やはり「新開発バンド用40mm大型ウッドドーム振動板」ですね。

 

Philewebの記事によると、振動板に使われているのは「カバ材」という木の素材で、その薄さは50ミクロン(人間の髪の毛の半分程度)という驚異的なものになっているようです。

また、その振動板を駆動するに1T(テスラ)を超える高い磁気密度の回路を使っているとのこと。

 

つまりそれってあのテスラドライバーに迫る性能ってことですかね?

これはかなり期待できそう!

 

JVCイヤホンのWOODシリーズがロングセラーになっているように、このヘッドホンも銘機と呼ばれる機種だったら良いなぁ。発売が楽しみ!

 

関連記事

【レビュー】ケンウッド「KH-KZ3000」6年半ぶり新製品の音質は? - ヘッドバンク〜おすすめイヤホンのレビューブログ〜

 

【レビュー】JVC FX1100とFX850をグランド分離(擬似バランス)で比較してみる - ヘッドバンク〜おすすめイヤホンのレビューブログ〜

 

© 2015 ヘッドバンク, ALL RIGHTS RESERVED.
株式会社HEDGEHOG STUDIO ヘッドバンク事業部
サイトポリシー