読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旧ヘッドバンク

移転しました。おすすめイヤホンのレビューブログ


新着記事(新サイトへジャンプ)

ヘッドバンクは移転しました。

新ページはこちら

お手数ですが再度ブックマークお願いします

m(_ _)m

【近況報告】ちょっくら和歌山に行ってきます

お知らせ

スポンサーリンク

るるぶ和歌山 白浜 高野山 熊野古道’16 (国内シリーズ)

 

どうも、すぎやまです。

こんな記事を見てくれているということは、さてはヘッドバンクの読者諸兄ですね。

いつもありがとうございます。

タイトルにも書きましたが、1ヶ月の息子と嫁さんを置いてちょっくら和歌山に行ってきます。も、もちろん仕事ですよ!(帰宅は月末)

今はヘッドバンクを含め「自分が好きなこと」を仕事にして生きることができているので、本当にありがたいと思っています。

 

好きなことを仕事にするのって賛否両論ありますよね。

「好きなことしてお金もらえるのって最高!」という考えもあれば、「趣味は趣味だから良いのであって、仕事にしたら楽しくなくなる」という考えもあると思います。

どちらも一理あると思うのですが、個人的には前者の方が困難かつ面白い生き方をしているように感じたりします。

 

だいたいにおいて「好きなこと」というのはまずもって儲かりません。例え寝っ転がってアニメを見ながら2chで実況するのが好きでも、それでお金を稼ぐのは難しいでしょう。好きなことを仕事にするには、それをお金に変えるための困難がつきまといます。

 

しかしその困難に挑戦し、打ち勝つことができれば実に愉快な人生が待っているように思うのです。(だからってユーチューバーになるのはオススメしません。)

 

もしも「お金にならないから」という理由で好きなことを仕事にしていないのであれば、「どうすればお金になるか」を本気で考えてみてはどうでしょうか。

 

例えばアニメを見るのが本当に好きなら、アニメ好きの人に楽しんでもらえる方法を考えてみれば良いと思います。ウェブサイト、動画、イベントなどなど、例えアニメを作る技術がなくたってできることはたくさんありますよね。

 

ただやっぱりそれは本当に好きじゃないと難しいことでもあります。好きなものへの本気度が試されてしまうのも事実。「あー、俺っていうほどアニメ好きじゃなかったんだな」みたいなことになるかもしれません。

 

でも実際のところ、好きなことを仕事にしたら本当に楽しくなくなるのかどうかは、やってみないと分からないじゃないですか。

ただ考えるよりも、やりながら考える方がうまくいく可能性は高いと思います。

ヘッドバンクも最初は(今も?)いろいろと酷かったですが、なんとか修正しながら今があります。

 

社会人の方も学生の方も、「好きなことを仕事にする」ことについて、たまには考えてみるのも悪くないのではないでしょうか。

ということで、明日は和歌山の風景をお届けする予定です!

(ネット繋がりますように…)

 

ずっとやりたかったことを、やりなさい。

ずっとやりたかったことを、やりなさい。

 
© 2015 ヘッドバンク, ALL RIGHTS RESERVED.
株式会社HEDGEHOG STUDIO ヘッドバンク事業部
サイトポリシー